薬局のブログです。中医学、漢方に関する記事などです。

夏の養生

5月5日は立夏。太陽は一年のうちで最も高く昇り、暦のうえでは夏が始まっています。2020年は5月5日から8月6日までが「夏」とされます。

黄帝内経の「夏」

夏は「蕃秀(ばんしゅう)の季節」と言い、物事の活気が最高潮を迎え、一年のうちでも最も美しく盛んになる季節です。本来なら海や山に行き、活動的になって謳歌したい季節です。

夏の過ごし方

夜更かしOK、思いっきり楽しむのが理想的

夏は四季の中で唯一、夜遅くまで起きていてよい季節とされています(とはいえ22時くらいには寝るのが理想的です)。そして朝は早く起き、日光を適度に浴びるのが良いとされています※。

※夏場は汗を多くかくため、カルシウムが一緒に流れ出てしまいます。日光をしっかり浴びることでビタミンDが多く作られ、カルシウムの吸収を促進することによる健康増進作用に昔の人は気づいていたのかもしれません。過度なUVカットには注意しましょう。

また精神面では、「怒ってはいけない」とされています。ただでさえ暑い季節に、怒りで熱くなり、体力を消耗する必要はありません。

楽しいことを考え、気持ちを外向きに発散させるのが良いとされています。

リラックスから発散へ

春のキーワードは「リラックス」でした。夏のキーワードは「楽しく発散」です。秋になる頃、「今年の夏は楽しめたなー」と振り返れると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

薬局長のつぶやき

PAGE TOP