漢方選びに迷うとき

薬局コラム

漢方相談をしていると、いろいろな体質の方に出会います。

たくさん症状が出ている方でも、その根っこの原因が共通していて、なおかつシンプルであれば簡単に漢方薬をご提案できます。そして比較的速やかに改善していくという印象です。

厄介なのは、根っこの部分がごちゃごちゃになっていて、「この体質でこの症状が出るのか…」という場合です。

例えば、体力があまりない虚弱体質なのに、老廃物など(実邪)が溜まっていてデトックス(袪邪)が必要な場合。

デトックスをすると体力を消耗してしまう。けれど体力を補うと、老廃物が増えてしまう。というとき。

「湿熱」が溜まっている時、つまり体に湿気と熱がこもっている時も同様です。

湿気を乾燥させるため温めると、熱が強まってしまう。熱を冷ますと湿気が増えてしまう、といった具合です。

日々、このようなジレンマを抱えながら奮闘しています。漢方服用中に体調が行きすぎてしまうこともあるので、皆さんの体のセンサー、そして密なコミュニケーションが頼みの綱です。